050-5212-3333 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
(月~土)9:00~20:00

遺産相続の流れ

  1. ふくおか司法書士法人 >
  2. 相続の手続きに関する記事一覧 >
  3. 遺産相続の流れ

遺産相続の流れ

■相続の開始
遺産相続は被相続人の死亡によって開始します。(第八百八十二条)
相続が開始すると、相続人は、被相続人の一身に専属したもの以外の被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継します。(民法八百九十六条)

■遺言の確認
相続が開始した場合、まず遺言を確認します。
なぜなら、遺留分を除き、遺言の内容が遺産分割協議等に対して優先されるからです。

■相続人調査
次に、相続人調査を行います。
相続人調査とは、 被相続人の戸籍を調査して法定相続人が誰であるかを調べることを指します。
他の相続人の存在に気がつかずに相続手続きを進めてしまうと、後から他の相続人に遺留分減殺請求権を行使されてしまうというリスクがあります。
さらに、遺産分割協議の際に相続人全員が揃わずに分割協議を行ってしまうと、相続トラブルに発展する恐れがあります。
そのため相続人調査が必要です。

■相続財産調査
相続が発生した時には、相続する財産がどのくらいあるのか、どのようなものであるのかを調査する相続財産調査が必要になります。
相続財産調査を基にして、相続を単純承認するのか、限定承認するのか、それとも放棄するのかといった選択をおこないます。
さらに、相続人間で誰がどの遺産を相続するのかを確定する遺産分割協議を行う際にも相続財産が明らかになっている必要があります。

■遺産分割協議
遺産の分割方法を相続人全員で相談して決めることを遺産分割協議といいます。
遺産分割協議で確定した内容は遺産分割協議書という形で書面で残しておくのが望ましいです。

■限定承認 相続放棄
相続は、被相続人の一身に専属したもの以外の被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継するものです。そのため、財産よりも負債の額が多い場合には、相続をしても損をしてしまいます。
そこで、相続が開始してから3ヶ月以内に裁判所に申述することで、限定承認 相続放棄の手続きをとることができます。
限定承認をすると相続人は相続財産を責任の限度として相続します。
相続放棄をすると相続人は初めから相続人でなかったものとみなされます。

ふくおか司法書士法人が提供する基礎知識

  • 非免責債権

    非免責債権

    自己破産の申立てが認められ、免責を得られると、実質的に借金が帳消しとなります。 しかし、一部の債権には...

  • 民事信託に関するご相談はふくおか司法書士法人にお任せください

    民事信託に関するご相談...

    民事信託は信託法改正によって本格利用が可能になった比較的新しい制度です。商事信託のように金融機関に託す...

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続放棄とは、文字どおり、「相続権を放棄する」というもので、相続人が一切の遺産の相続を放棄することをい...

  • 個人再生すると車はどうなるか

    個人再生すると車はどうなるか

    ■個人再生をすると車はどうなるか ・車を手放すことになる場合 基本的に、個人再生の手続きによって車を失...

  • 福岡市の債務整理は専門家にご相談ください

    福岡市の債務整理は専門...

    支払えなくなった借金から解放されるための手続きとして、債務整理があります。 債務整理の手続きには主に...

  • 不動産の名義変更

    不動産の名義変更

    相続後も故人名義のままになっている不動産を、相続人の名義へと変更(登記)する手続のことを、一般的に「相...

  • 抵当権抹消登記とは

    抵当権抹消登記とは

    ■抵当権抹消登記とは? 不動産の権利関係は、不動産登記を通じて公示されています。つまり、土地の所有者の...

  • 強制執行とは

    強制執行とは

    ■強制執行とは ・民事執行の一つとしての強制執行 強制執行は民事執行の中の一種類であり、民事裁判によっ...

  • 売掛金回収の管理方法

    売掛金回収の管理方法

    会社は、売り上げを上げ、利益を得るために日々活動しています。 しかし、売り上げを上げても、その後適切な...

よく検索されるキーワード

ページトップへ